カテゴリー

カレンダー

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

B型以外の肝炎

患者肝炎には、B型以外にもA型、C型、D型、E型、G型、TT型などが確認されています。日本では主にA、B、C型肝炎が多く、それ以外の肝炎はまれです。

A型肝炎は、B型肝炎と感染経路が違い、経口感染です。A型肝炎ウイルスを保有している水や食べ物を介して感染します。日本では衛生環境が整うとともに減ってきている肝炎です。アジアやアフリカなどへの渡航の際には、生水を飲まないや、生食を避けるなど気を付ける事が大切です。予防接種をすることで感染を防ぐことができます。慢性化することが少ない肝炎でもあります。

C型肝炎は、血液を通して感染する肝炎です。日本の患者数は150万人から200万人とも推定されており、ウイルス性肝炎の中で最も多い比率を占めています。60代以上の患者が多く、注射針の使いまわしなどが原因の一つとしてあげられています。現在では、注射針は使い捨てするなどの対策をとっており、新たな感染者はほとんどいません。C型肝炎の約70%が慢性肝炎へ移行してしまいます。C型肝炎と診断されたら、すぐに治療を開始し、症状を悪化させないように気を付ける事が重要です。

日本人に多いウイルス性肝炎のA、B、C型は、慢性化への危険度はC型、B型の順で高いと言えます。また、どの型の肝炎でも劇症肝炎という、肝炎が急激に悪化する可能性があります。


原因と治療法

赤ちゃんB型肝炎の原因は、ウイルスです。前述したとおり、母子感染である垂直感染と、他人の血液や体液を介して感染する水平感染が感染の原因として挙げられます。感染力の強いウイルスとして知られ、血液や体液を介して感染することで有名なHIVの約50~100倍の感染力と考えられています。

急性B型肝炎は、潜伏期間が1か月から半年ほどです。風邪に似た症状が現われ、倦怠感や、発熱、食欲不振などです。目の白目部分が黄色くなる黄疸の症状が現われる事もあります。急性B型肝炎の主な治療方法は、安静と栄養補給です。まれに死亡率の高い劇症肝炎へ移行してしまう可能性があるので、急変に対応するためにも入院治療が必要になります。

慢性B型肝炎の場合には、治療薬を用いて、ウイルスの及ぼす症状をコントロールする治療が行われます。ウイルスが肝臓に住み着いてしまい、排除できない状態が慢性肝炎なので、治療の目的は、治癒ではなく、肝硬変や肝臓がんへの移行を防ぐためのものになります。早期発見により治療の対処の仕方もかわるので、早期の発見、診断が重要です。

B型肝炎予防の方法には、ワクチン接種があります。ワクチン接種を行い、抗体が確認されれば、20年は効果があるといわれています。肝炎の慢性化を防ぐには、免疫力の低い乳幼児期のワクチン接種が推奨されます。


B型肝炎とは

肝炎とは、肝臓の細胞が炎症を起こしている状態のことをいいます。炎症を起こしている臓器は赤く腫れているといわれています。B型肝炎は、ウイルスによって引き起こされる肝臓の疾患で、血液や体液を介して、人から人へ感染します。母親から子供へ出産の際にウイルスが感染してしまうことを垂直感染、性的接触や、入れ墨、ハリ治療の際の器具の使いまわしによる感染を水平感染と呼びます。

問診票ウイルスが入り込んでしまっても、自然治癒してしまう場合がほとんどですが、免疫力が低下しているなどにより、肝炎となって発症します。肝炎には、急性肝炎と慢性肝炎があります。急性肝炎が長引いて、6か月以上経過すると、一般的に慢性肝炎となります。B型肝炎からの慢性肝炎への移行は、10%未満といわれています。水平感染の場合には、肝炎の発症年齢が、成人の場合が多く、免疫機能が発達しているので、自然治癒力によってウイルスを排除し、完治が望めます。

垂直感染の場合には、免疫機能が未熟な乳幼児が感染してしまうため、ウイルスを排除しきれずに、体内に潜伏したままになるキャリアになってしまう場合があります。持続感染(キャリア)になると、肝臓の細胞にウイルスを保有し続けることになり、慢性肝炎になってしまう事が考えられます。慢性肝炎になってしまうと、ウイルスが完全に排除されない為、症状を悪化させないように定期的に治療をし、肝硬変や肝臓がんへの移行を防ぐ目的の治療方法になります。

弁護士法人アディーレ→http://www.adire-bkan.jp/
B型肝炎になった場合給付金を貰うことができる条件の情報を掲載しています。